2008/12/20 帰省中のひととき


甥っ子と遊ぶひととき。軍人のAnirudhaはカシミールから帰省中であった。国を護っているという自負があり、家族の誇らしい存在であった。
宿のない地域で困っていた私は、彼の厚意でGarkhali村の家に泊まらせてもらった。


  
この記事へのトラックバックURL
https://tabimichi.blog.fc2.com/tb.php/8-a9288824
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する