2009/7/26 警察署の炊事小屋


Parian警察署の炊事小屋では、毎日6:00、11:00、18:00と食事時の前にナンを焼いている。近所の人もナンを買いに来る。



警察の食事をまかなうAbdul Kodoosさん(38歳、写真右)。甥のAbdul Karさん(20歳)と主に2人で切り盛りしている。



7/29撮影。小麦粉をこねるAbdul Karさん。



適当な大きさに延ばされたナンに模様をつける。






7/25撮影。手伝いに来ていたSafi Ullahさん。



8/3撮影。






焼きたてのナンは、これだけで十分に美味しく頂ける。



空いている時間に薪を割るAbdul Karさん。炊事の基本である。


  
この記事へのトラックバックURL
https://tabimichi.blog.fc2.com/tb.php/716-4b6be418
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する