2009/7/15 Faizabadの旧市街の人々(2)


新旧の町を隔てる大河の支流。



ゴム製品からサンダルなどをつくる職人(写真右)と、歓談しに来ていたパシュトゥン人の友人(写真左)。



新旧を繋ぐ橋の上から上流方面を望む。一番奥には雪を載せたパミールの山々がかすかに見える。



家に誘ってくれたRooh Ullahさん(写真右から2番目)。



旧市街のメインストリート。



川の洗車場近くの鍛冶屋にて。Baba Khanさん(50歳)。



息子のMusyn君(14歳)。自転車を改造した器具を使って空気を送り込む。



ハンマーで叩くMuheb君(17歳)。



Babaさんの弟子であるAmadul Ullah君(20歳、写真左)。


  
この記事へのトラックバックURL
https://tabimichi.blog.fc2.com/tb.php/673-2db60759
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する