旅(2009夏)の雑感

今回は紛争地域であるアフガニスタン、パキスタン北西部への撮影旅行であったため、持参した自転車の出番も少なく、都市間移動で用いたのはアフガニスタンで5回(述べ7日間)、パキスタンで3回(5日間)のみでした。その他は、主に乗合バスでの移動を余儀なくされました。


■日程
・ 6/8 - 6/27 パキスタン
(主な訪問都市:Rawal Pindi,Peshawar )
・ 6/27 - 8/5 アフガニスタン
(主な訪問州Kabul,Balkh,Jowzjan,Kondoz,Takhar,Badakhshan,Baghlan,Panjshir,Parvan )
・ 8/6 - 9/7 パキスタン
(主な訪問地域:Kalash )


■アフガニスタン
いわゆる宿がないため、食堂や警察署に泊まることになりました。外国人への抵抗感も根強く、街から外れると地元の子供から石を投げられる日々でした。
しかし、ニュースで見られるような(先日の大統領選や「9.11」の8周忌でアフガンの映像を見る機会もあったかと思いますが)戦闘地域はごくごく一部で多くの人は目の前の暮らしに一喜一憂し、そして淡々と日々を送っているのです。
私も(十分な注意を払いつつも)いつもと同じスタイルです。街を歩き、自転車に乗り、出会った人と話して、そのうち何人かを撮らせてもらう。さらに、そのうち何人かは、出会ったばかりの私に笑顔をくれる。

それでも、好奇心を満たすだけの旅行をする場所ではない、ことをあらためて強調しておきたいと思います。実際に危険な連中が多いのも確かです。ライフル銃を向けられることも、大金を失うこともありました。身に着けているもの(ズボン、シャツ、メガネ、カメラバック、カメラ・・・)の傷み具合を見ても尋常ではありませんでした。州都ではかなりの数の欧米人が活動しているはずですが、街を歩いていて見かけることはほぼ皆無でした。


■パキスタン
北西部の谷に暮らしているKALASHという少数民族、とりわけ女性ばかりを主に撮っていました。あきらかに長らくイスラム社会で過ごした反動ですね。
帰国前に病気になってしまい、わだ晶子さん(20年に渡って現地に住み、NGO活動をされている方)には大変お世話になりました。



  
この記事へのトラックバックURL
https://tabimichi.blog.fc2.com/tb.php/477-e7dc5cae
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
私も行ってみたくなりました。でも警官に襲われるなんて恐ろしいですね…
Posted by ナカツォーネ首相 at 2009.09.21 22:00 | 編集
ナカツォーネ首相 さん

私の古くからの友人ですよね?今度、写真の感想も聞かせてくだされ。
今後とも応援を宜しくお願いします。

> 私も行ってみたくなりました。でも警官に襲われるなんて恐ろしいですね…
Posted by YokotsukaTomoaki at 2009.09.21 23:51 | 編集
管理者にだけ表示を許可する