ジンバブエ2008/10- 基本情報

7月末から8月上旬に滞在したジンバブエ。ここから帰国することが決まっていたので再び戻ってきた。ザンビアでコレラで入院して以来食欲が無く、体調が万全でないこともあり、すでに帰路の途中という感はぬぐえなかった。それでも2つの目的があった。一つは7/30に撮ったAugustineらに再会して写真を渡すこと。もう一つは、Masvingoで親友となったPrideと再会するという約束を果たすことだ。後者は、彼の母が病気になった事情で叶わなかったが、帰国後も頻繁に連絡を取り合う大親友となった。

ハイパーインフレ、食料不足はさらに悪化していた。(ジンバブエ関連の記事参照。)2ヶ月前に5000円の価値があった札束が、たったの5円にしか値しない。毎日1割のインフレ率。バナナの値段が数日で倍になった。そんな異常な世界でも見る限り治安は保たれ人々は静かに耐えている、そんな印象だった。もっとも私が今回見たのは大きな都市のみで、ニュース映像では飢えながら配給にならぶ人々の様子を見ることがあった。

多くの日本人は関心が低い。きっと、問題の多いアフリカ諸国の一つとしか思えないのだろう。しかし私にとっては、最重要国の一つになった。出会った人、友達がいる国である。実際に足を踏み入れた者の当たり前の感情だろう。何でも良い。関わりを持って興味を抱くしかない。そうやって自分の世界地図を拡げていくしかないのだと思う。



-----以下、ジンバブエ、南アフリカ、ナミビア、ザンビアを通しての情報-----
■期間 2008/7/28 - 2009/10/17
■費用 滞在費¥300,000 往復航空券¥221,900 ※燃料税含む

■カメラ機材
ボディ  Canon EOS3 ※電池、フィルム100本 ←南アの空港だけはX線逃れらず
      Canon EOS40D ※バッテリー4個、CF計48GB、充電器
レンズ  EF17-40 F4L USM
      EF50 F1.2L USM
      EF75-300 F4-5.6 IS USM
ストロボ 480EZ
■プリンタ
  Canon SELPHY CP750 ※バッテリー2個、専用インクカセット・用紙1000枚分
■その他
      変換プラグ、延長コード など
■現地調達
      変換プラグ(南ア専用)


  
この記事へのトラックバックURL
https://tabimichi.blog.fc2.com/tb.php/465-c1a8939a
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する