2008/9/14 Mr.DAVOS


9/13にコッパーベルト地方の中心都市Kitweへ移動。銅鉱山として発展した町。市場が何百mも並んでいる。



1955年にギリシアから移住したMr.Davos、75歳。こちらに家庭を持ち兄弟もいる。「独立後のザンビアは、他のアフリカ諸国と違って、とても民主的。平和で暮らしやすい国だ」と絶賛していた。レストラン事業などで成功・失敗を繰り返し、現在はアイスクリーム屋を経営している。
長年、Kitweで教育支援などを行い、地元の有名人。彼と一緒に町を歩いていると、ビジネスマンから恐そうなお兄ちゃんまでが親しく挨拶を交わす。彼を「父」と慕うものがとても多い。
(写真の背景の建物は彼の兄弟の家。貸し事務所・宿泊施設として改築中)



改築中の彼の兄弟の家。居間の床一面にダビデの星?彼らはユダヤ教ではなく、前の持ち主の趣味だそうだ。



現在はそれほど裕福なわけではない。自身も妻(写真右)も病気持ちで大変だそうだ。
彼は旅行者にも好意的で、30年は使われているであろう年季の入った車で町中を案内してくれた。銅鉱山では写真はNGだったのは残念。「またザンビアに来い。仕事も紹介してやる」と言ってくれた。ありがたい。2日間、恐縮するほどお世話になった。





  
この記事へのトラックバックURL
https://tabimichi.blog.fc2.com/tb.php/352-b205629a
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する