南アフリカ2008/8- 基本情報

以前から南アといえばアパルトヘイト、治安ワースト1というイメージがあった。それが、出発前の下調べで経済発展が著しい中進国、野生動物の観光大国という認識に変わってしまい、逆に一人旅をするモチベーション維持が大変だと思っていた。訪れたタウンシップは今は普通の街であり、村でも予想以上に整備されていて豊かな国に思えた。観光ツアーが組まれる有名なタウンシップには行く気がせず、ケープタウンなどの南部へは行かずにさっさとナミビア・ザンビアに行くことに。物価が高いという前評判だったが、周辺国ボツワナ、ナミビアはさらに高く、ジンバブエは非常事態なので、物が豊富の南アが旅行しやすいのは間違いない。撮影としては、人も町も少なく国立公園の野生動物くらいになってしまった。ブログにあげる写真に困る・・・。


-----以下、ジンバブエ、南アフリカ、ナミビア、ザンビアを通しての情報-----
■期間 2008/7/28 - 2009/10/17
■費用 滞在費¥300,000 往復航空券¥221,900 ※燃料税含む

■カメラ機材
ボディ  Canon EOS3 ※電池、フィルム100本 ←南アの空港だけはX線逃れらず
      Canon EOS40D ※バッテリー4個、CF計48GB、充電器
レンズ  EF17-40 F4L USM
      EF50 F1.2L USM
      EF75-300 F4-5.6 IS USM
ストロボ 480EZ
■プリンタ
  Canon SELPHY CP750 ※バッテリー2個、専用インクカセット・用紙1000枚分
■その他
      変換プラグ、延長コード など
■現地調達
      変換プラグ(南ア専用)



■ジンバブエからの入国
ジンバブエが食料不足で地方の旅を続けられないと判断し、南アに向かうことにした。(もともとジンバブエで長期滞在の予定で南アに入るつもりはなかった。)8/6、Masvingoから、ヨハネスブルク行きの長距離バスに乗ったが、18時にバスが故障し国境手前で停車。20時に別なバスに乗り換え、すぐ国境の町Beit Bridgeに着いた。そこでバスから降りて出国・入国の手続きをするのだが、南ア側で入国するのが長蛇の列。4時間も並んで待たされた。ジンバブエから脱出する人が多いからか、南アの嫌がらせかと思うほどだ。日付が変わって8/7午前2時に南ア側の国境の町Musinaへ着いた。そこで降りたのは私だけで、真夜中に治安が悪い南アで放り出さたと思うと少し焦った。とりあえず近くに宿があり、受付に入れたのは幸いだった。部屋は満室で、朝方まで受付前の床に座らせてもらった。夜勤のガードマンと話しながら過ごした。彼は「ジンバブエは大丈夫か?殺されずによく生きてられたな。」と言っていて、ジンバブエ人たちが「南アへ行くのか?治安が悪いから止めた方が良い」と言ったのと対照的で面白かった。百聞は一見にしかず、ということか。ジンバブエは悪いニュースばかり流されるから。朝方、ガードマンの夜勤が終わり、彼の控え室を引き継いで借りて寝ることができた。


  
この記事へのトラックバックURL
https://tabimichi.blog.fc2.com/tb.php/241-462335a7
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する