2008/7/30 ムバレ地区の人々(2)


Augustineと別れて再び古着の青空市場へ。客は殆ど見かけず、早めに引き上げる店が多かった。店番をしていたBlessine(写真左)とKwenza。






Blessineらを撮っていると「私も!」と言ってきた陽気なオバチャン。(2ヵ月後、彼らに写真を渡すべく再会したときに実はAugustineの妻であることが判明!)
この後すぐ、男性たちが「何を撮っているんだ?許可証は?」と強い口調で迫ったきた。酷い経済状況を取材しにきた記者だと間違われたようで、ただの旅行者であることを説明した。結局「とにかくここから立ち去れ」とだけ言われて帰るしかなかった。


  
この記事へのトラックバックURL
https://tabimichi.blog.fc2.com/tb.php/224-b5d1a336
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する