ジンバブエ2008/7- 基本情報

ハイパーインフレ、不正選挙、経済崩壊・・・という悪いニュースばかり流されるジンバブエ。もともと学生時代から「クレートジンバブエ遺跡」を見たくて最も行きたい国の一つだった。今の興味は、独裁政権下の人々を見たい、というものだった。実際、超インフレや食料不足など報道されている通りの酷い状況と、比較的治安は良いという報道とは異なる状況を目にすることができた。(ジンバブエ関連の記事参照。)
当初は3ヶ月ジンバブエに居るつもりだったが、地方へ行ったら食料不足のためすぐに南アフリカに抜けてしまった。大きな都市では市場などで人の写真を撮っているだけで必ず記者と疑われ、本人が許可していても撮影できないことも多かった。街の様子や人々に気楽にカメラを向けられない雰囲気は、今までの旅行ではなかった経験だと思う。一方、ほとんどの人から大統領批判の本音を聞け、その点は健全だと思った。


-----以下、ジンバブエ、南アフリカ、ナミビア、ザンビアを通しての情報-----
■期間 2008/7/28 - 2009/10/17
■費用 滞在費¥300,000 往復航空券¥221,900 ※燃料税含む

■カメラ機材
ボディ  Canon EOS3 ※電池、フィルム100本 ←南アの空港だけはX線逃れらず
      Canon EOS40D ※バッテリー4個、CF計48GB、充電器
レンズ  EF17-40 F4L USM
      EF50 F1.2L USM
      EF75-300 F4-5.6 IS USM
ストロボ 480EZ
■プリンタ
  Canon SELPHY CP750 ※バッテリー2個、専用インクカセット・用紙1000枚分
■その他
      変換プラグ、延長コード など
■現地調達
      変換プラグ(南ア専用)


  
この記事へのトラックバックURL
https://tabimichi.blog.fc2.com/tb.php/220-5712fc2f
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する